//JP
砂山 太一
建築と現代美術を主軸に、設計、制作、研究、執筆、企画、などの活動を展開する。大学で彫刻を学んだ後2004年渡仏。建築学校にてコンピュータプログラミングを介して建築形態をつくりだす研究をおこなうとともに、建築設計事務所Jakob + Macfarlaneや構造設計事務所Bollinger + Grohmannで勤務・協働する。2011年帰国。建築家との共同制作や、情報性と物質性を切り口とした展覧会企画、美術批評を手がける。2016年、東京藝術大学 大学院美術研究科 建築(構造計画)研究領域 博士後期課程 学位取得。現在、東京と京都に設計制作スタジオをかまえつつ、京都市立芸術大学芸術学研究室において「芸術と社会」ゼミの他、現代芸術論、デザイン論講義を担当するなど理論的展開をおこなっている。
メール : ltr@tsnym.nu
ウェブサイト : http://tsnym.nu

<学歴>    
2016    東京藝術大学 大学院美術研究科 建築(構造計画)研究領域 博士後期課程 学位取得
2008    Ecole Spéciale d’Architecture Paris, マスター課程修了。パラメトリックデザインスタジオ / アトリエ ピーター・クック に所属
2004    多摩美術大学 彫刻学科 諸材料専攻 卒業
    
    
<職歴>    
2014 -    京都市立芸術大学 美術学部 総合芸術学専攻 特任講師, (現代芸術論/デザイン学講義, 「芸術と社会」ゼミ)
2014 -2016    武蔵野美術大学 建築学科 鈴木明研究室 非常勤講師
2012 - 2014    東京大学 工学部 建築学科 非常勤講師 (算法通論)
2009 - 2011    建築家 / ジオメトリックエンジニア, JAKOB + MACFARLANE architects Paris
2009    ジオメトリックエンジニア(フリーランスとして Hermes Rive Gauche のジオメトリプログラミングを担当), Bollinger + Grohmann Paris
2007 - 2008    ティーチング・アシスタント, Parametric Design Studio, Ecole Speciale d’Architecture Paris
    
    
<展覧会企画>    
2016.10    砂山太一,きりとりめでる『フィットネス . 』, 3331 アーツ千代田 アキバタマビ21, 東京.
2015.05    砂山太一, 森山貴之『マテリアライジング展 III 情報と物質とそのあいだ』, ギャラリー@KCUA, 京都
2014.07    砂山太一, 松浦廣樹, 大野友資, 富井雄太郎『マテリアライジング展 II情報と物質とそのあいだ』, 東京藝術大学大学美術館陳列館, 東京
2013.05    砂山太一, 大野友資『マテリアライジング展 I情報と物質とそのあいだ』, 東京藝術大学大学美術館陳列館, 東京
    
    
<出展>    
2017.10    中山英之, 砂山太一「かみのいし」, 『紙のかたち展2 ふわふわ、ごろごろ、じわじわ』, 竹尾 見本帖本店.
2017.04    砂山太一「品川発電所の模型」,『東京ミッドタウン・デザインハブ第65回企画展「東京デザインテン」』, 東京ミッドタウン・デザインハブ
2015.12    砂山太一「角材の軸を連続させる」『東京藝術大学 大学院美術研究科 博士審査展 2015』,東京藝術大学 大学美術館, 東京
2015.10    御幸朋寿, 永田康祐, 砂山太一「Dazed by liquor」,『第26回UBEビエンナーレ (現代日本彫刻展) 』,ときわミュージアム, 宇部. 
2014.10    砂山太一「Low Life」,『Golem』,Foundation Suisse (Pavillon Le Corbusier), パリ
2013.12    砂山太一, 永田康祐「I saw a girl with a telescope」,『磯崎新展 都市ソラリス』,NTT インターコミュニケーションセンター, 東京.
2013.10    御幸朋寿, 永田康祐, 砂山太一「ephemeral depth」,『第25回UBEビエンナーレ (現代日本彫刻展) 』,ときわミュージアム, 宇部. 
2012.10    木内俊克,砂山太一「Amorphous Form」 - OZONE リビングデザインセンター, 東京. (木内俊克 と共同)
2012.09    金田充弘, 砂山太一, 尾関美紀, 永田康祐と共同Advances in Architectural Geometry 2012(ビデオ発表) - ポンピドゥー・センター, パリ. ()
2010.09    砂山太一, 小澤洋一「Folded Space」, Maison des Art Malakoff, パリ. 
2010.06    砂山太一「AltRoom」,『Untitled 1:1』,  Espace Brochage Expresse, パリ
2009.05    砂山太一, Jean-Philippe Sanfouche, 小澤洋一「Vaporous Boundaries」,『Advanced Architecture Settimo Tokyo 2009』, CASARTARC, セッティモ・トリネーゼ.
2009.05    砂山太一, Jean-Philippe Sanfouche, 小澤洋一「UnsortedScene」, 『DarkPearl』,  La Generale en manufacture, セーブル. 
    
    
<設計>    
2017.01    砂山太一「渡邉朋也個展 信頼と実績」会場設計, ARTZONE, 2017-01
2016.06    木内俊克, 砂山太一, 山田橋「オブジェクトディスコ」外構設計, 東京都中野区.
2016.03    砂山太一「京都木材会館」ファサード設計, 京都市中京区
    
    
<書籍>    
2014.01    砂山太一,大野友資,他『マテリアライジング・デコーディング 情報と物質とそのあいだ』, millegraph
    
    
<執筆>    
2018.06    砂山太一「『かつて』と『いま』が結びつく『ここ』にある知性──石岡良治、三浦哲哉編著『オーバー・ザ・シネマ 映画「超」討議』書評」,『建築討論 建築書評201806』, 日本建築学会, 2018-06, https://medium.com/kenchikutouron/石岡良治-三浦哲哉編著-オーバー-ザ-シネマ-映画-超-討議-cf6de9fc1eef
2018.04    砂山太一「コンタクトゴンゾ・プレゼンツ「山サーフィン、妙見山カップ」について」,『のせでんアートライン2017カタログ』, 「のせでんアートライン2017 里山の学校芸術祭」 実行委員会
2018.04    石岡良治, 砂山太一「20世紀の遺産から考える装飾」, 『10+1 201804 特集 装飾と物のオーダー ポストデジタル時代の変容』, LIXIL出版, 2018-04, http://10plus1.jp/monthly/2018/04/issue-01.php
2018.02    砂山太一「計測の空隙 情報の普遍的問題──増田展大『科学者の網膜 身体をめぐる映像技術論:1880-1910』書評」,『建築討論 建築書評201802』, 日本建築学会, 2018-02, https://medium.com/kenchikutouron/増田展大著-科学者の網膜-身体をめぐる映像技術論-1880-1910-5f1a02c6f9d2
2018.02    砂山太一「Strange World, Strange Love」, 『ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて 展覧会カタログ』, 水戸芸術館, 2018-02, pp.72-77
2018.01    砂山太一「建築表現におけるAR(拡張現実)の可能性──ジャコブ+マクファーレンの場合」,『a+u 2018年1月号』, 新建築社
2017.10    砂山太一「誠実さの誠実さ」『Poi vol.2 featuring Tomoya WATANABE』, 科学研究費基盤研究(C)「ポストインターネットにおける視聴覚表現の作者性にかんする批判的考察」研究課題番号:15K02203 研究代表者: 松谷容作(同志社女子大学), 2017-10, pp.32-37 
2017.09    砂山太一「コンピュータと制御ロジック」『タイムベースト・メディアを用いた 美術作品の修復/保存のガイド』. 京都市立芸術大学芸術資源研究センター, 2017-09, http://www.kcua.ac.jp/arc/time-based-media/?p=528
2017.08    砂山太一「ツールと人間  欲望する情況──小林健太個展「自動車昆虫論/美とはなにか」展評」、『美術手帖 17年8月号』, 美術出版社, 2017-08, pp.171
2017.05    砂山太一「デジタルファブリケーションを有効化するための5か条」, 『10+1 201705 特集 ファブリケーションの前後左右──ネットワーク時代の生産論』, LIXIL出版, 2017-05,  http://10plus1.jp/monthly/2017/05/issue-03.php
2017.03    砂山太一, 谷口暁彦「おまじないの運用」,『E!11』, エウレカ・プロジェクト, 2017-03, pp.17-30
2016.07    砂山太一「見えない都市の風景」, 『パラレルワールド または私は如何にして世界を愛するようになったか』, 京都芸術センター
2015.10    砂山太一『マテリアライジング展Ⅲ 情報と物質とそのあいだ 展覧会冊子』, 京都市立芸術大学
2014.07    砂山太一,木内俊克「シミュレーションが可能にする「事の次第」的建築モデル」, 『建築雑誌 Vol.129』, 2014年7月号, 日本建築学会
    
    
<講演>    
2018.06    砂山太一「技術と芸術の関係について」, 工学院大学
2018.03    川勝真一, 寺井翔茉, 砂山太一「切断なき世界における人間〈と〉デザイン」, 『デザイニング・ヒューマニティ / Designing Humanity』, 京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab 
2018.02    エキソニモ, 砂山太一, 水野勝仁「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて ギャラリートーク」, 水戸芸術館
2017.10    砂山太一「プレゼンテーション表現」, 多摩美術大学
2017.08    砂山太一「開かれと併置」, 東京藝術大学
2016.12    豊田啓介, 木内俊克,砂山太一「建築のもう半分」, 新宿NSビル16F インテリアホール, 東京
2016.05    木内俊克, 砂山太一「ポストデジタル」, 東京芸術大学藤村龍至研究室オープンゼミ
2015.12    ピエール=ジャン・ジルー, マニュエル・タルディッツ, 砂山太一「ル・ラボ vol.9 」, アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ, 東京
2015.07    砂山太一, 谷口暁彦「マテリアライジング展III クロージングトーク 砂山太一 x 谷口暁彦」, ギャラリー@KCUA, 京都
2013.05    谷口暁彦, 藤木淳, 砂山太一,永田康祐,「マテリアライジング・メディア/アーキテクチャー 」, 東京藝術大学
2012.10    畠中実, 岩岡孝太郎,大野友資,木内俊克,砂山太一, 舘知宏「Infiltrating Automata」,  TransArts東京電機大学旧校舎, 東京
2012.05    木内俊克,砂山太一「RGSS:kwwek」, 渋谷Fabcafe, 東京
2011.11    藤木隆明, 木内俊克, 砂山太一, 田中浩也, 田中陽輔, 市川創太, 今村創平「パラメトリック・アルゴリズミック・デジタルファブリケーション 」, 工学院大学, 東京 
    
    
<ワークショップ>
2015.06    木内俊克, 砂山太一「A-Obverse/A-Reverse」, Aarhus School of Architecture, オーフス.
2014.05    木内俊克, 砂山太一, 永田康祐「Double Bed」, CAADRIA2014, 京都. 
2011.04    木内俊克, 砂山太一「Fluctuated Flat Scape」,  The Royal Danish Academy of Fine Arts, コペンハーゲン
    
    
<掲載>    
2017.10    「オブジェクトディスコ」,『新建築2017年10月号』pp.134-140
2016.06    「京都木材会館」,『新建築 2016年6月号』, pp.124
2015.10    鈴木明「コンピュータの時代を前提にかたちの創成から捉え直す かたちのはじまり、かたちの終わり(協働/砂山太一)」,『 コンフォルト No.146』, pp.120
2014.02    「次代の変革者100人」,『日経アーキテクチュア No.1018』, pp.47
2013.08    松井茂「芸術がFABを変える」『FABに何が可能か』,pp.277-280, フィルムアート社
2013.08    畠中実「たとえばテクノロジーによって拡張された身体感覚、が意味するところ「マテリアライジング展~情報と物質とそのあいだ」」,『ミュージックマガジン 2013年8月号』, pp.222
    
​​​​​​​

---

//EN
Taichi Sunayama

mail: ltr@tsnym.nu
website: http://tsnym.nu

<Education>
2016 .     Ph.D. Fine Arts, Tokyo University of the Arts, department of architecture Structural design Laboratory (Mitsuhiro Kanada).
2008 .     M.Arch. Master of Architecture, Ecole Spéciale d’Architecture, Parametric Design Studio / Atelier Peter Cook.
2004 .     B.A. Bachelor of Arts, Tama Art University, department of sculpture Mixed-Media studio.
<Work Experience>
2014 - .     Special Appointed Lecturer, Science of Contemporary Arts/Design, Generale Science of Arts, Kyoto City University of Arts, Kyoto
2014 - .     Adjunct Lecturer, Akira Suzuki Studio, Department of Architecture, Musashino Art University, Tokyo
2012 - 2014 .     Adjunct Lecturer, Algorithmic Design course, Department of Architecture, The University of Tokyo, Tokyo
2009 - 2011 .     Architect / Geometric Engineer, JAKOB + MACFARLANE architects, Paris
2009 .     Freelance Geometric Engineer for Hermes Rive Gauche, Bollinger + Grohmann, Paris
2007 - 2008 .     Teaching Assistant, Parametric Design Studio, Ecole Speciale d’Architecture, Paris
<Exhibition/Presentation>
* = also curated
Oct. 2016 .     ftnss.show *  - 3331 Arts Chiyoda AKIBATAMABI 21, Tokyo
Dec. 2015 .     Tokyo University of the Arts Doctoral Program Final Exhibition 2015 - The University Art Museum, Tokyo
Oct. 2015 .     26th UBE Biennale (UBE International Sculpture Competition) - Tokiwa Museum, Ube (collaborate with Kosuke Nagata, Kosuke Nagata)
May. 2015 .     Materializing III * - Gallery @KCUA, Kyoto
Oct. 2014 .     Golem - Fondation suisse(Pavillon Le Corbusier), Paris
Jul.2014 .     Materializing II *  - The University Art Museum Chinretsukan Gallery, Tokyo University of the Arts, Tokyo
Dec. 2013 .     ISOZAKI Arata: SOLARIS - NTT intercommunication center, Tokyo. (collaborate with Kosuke Nagata)
Oct.  2013 .     25th UBE Biennale (UBE International Sculpture Competition) - Tokiwa Museum, Ube. (collaborate with Goco Tomohisa, Kosuke Nagata)
May. 2013 .     Materializing I * - The University Art Museum Chinretsukan Gallery, Tokyo University of the Arts, Tokyo
Oct. 2012 .     Amorphous Form - OZONE Living Design Center, Tokyo. (collaborate with Toshikatsu Kicuhi)
Sept. 2010 .     Folded Space - Maison des Art Malakoff, Paris. (collaborate with Yoichi Ozawa)
Jun. 2010 .     Untitled 1:1 - Espace Brochage Expresse, Paris
May. 2009 .     Advanced Architecture Settimo Tokyo 2009 - CASARTARC, Settimo Torinese (collaborate with Jean-Philippe Sanfouche, Yoichi Ozawa)
May. 2009 .     Dark Pearl - La Generale en manufacture, Sevre. (collaborate with Jean-Philippe Sanfouche, Yoichi Ozawa)
<Workshop>
Jun. 2015 .     A-Obverse/A-Reverse - Aarhus School of Architecture, Aarhus (collaborate with Toshikatsu Kicuhi)
May. 2014 .     Double Bed - CAADRIA2014, Kyoto (collaborate with Toshikatsu Kicuhi, Kosuke Nagata)
Feb. 2011 .     AAST International Workshop - Italian Institute of Culture in Tokyo, Tokyo
Apr. 2011 .     Fluctuated Flat Scape - The Royal Danish Academy of Fine Arts, Copenhagen (collaborate with Toshikatsu Kicuhi)

---

---

Back to Top